旅行・地域

2011年10月24日 (月)

秋の渋旅行

秋の渋旅行

紅葉の秋は渋温泉一泊旅行に行ってきた。主目的は、草津白根山の火口見学、渋温泉の

9つの外湯めぐり、松川渓谷の紅葉、小布施の北斎館見学、須坂の臥龍公園の菊花展見

学であった。バスは、関越自動車道を通り吾妻渓谷の紅葉を車窓から眺め、工事を差し止

めた八っ場(やんば)ダム工事の残骸を通過した。八つ場ダムは水源池として関東一円の

主都県の貯水地として長年計画しほぼ工事が完了という段階で政府がストップしたもの

で物の損得を無視した暴挙だと思う。草津温泉を横目で眺め草津志賀道路を進む。

F10000094243_3F10000104041_2 草津から白根山へ続く道路の紅葉がまあ見られるもので

あった。白根山の麓に着くとガスでほぼ一寸先が見えな

い状況であった。そこで白根山の火口に上るのは遠慮し

て、白根山記念館で写真や模型を見て回った。

F100000646 F10000035455 F1000004515253

白根山の火口から下山する人が集まる

と早速バスは渋峠へと走った。

渋峠の手前から空は晴れ渡り雲海の彼方

此方に山々が姿を現し何とも言えない姿を醸し出しいた。

F1000014272829 F1000017171819  F1000018141516やっとのことで宿に着いたが、大湯につかり宴会となり

酒が入ると外湯に行く機会がなく、朝は慌

ただしく外湯を回るチャンスを失してバス

は松川渓谷へ出発した。

先ず山田温泉へバスを着けて同乗者を

F1000032333435 F1000033303132  下車させ、バスは松川渓谷の中心部へバスを運んだ。松

川渓谷の紅はF1000035242526 まだ早すぎたようであった。次の目的地

は、小布施で大半の人々は、北斎館で葛

飾北斎の絵画を見学した。北斎館の外で

何枚か写真を撮影したはずであるが、帰っ

て見るとあり撮っていなかった模様。最

後の目的地は、須坂の臥龍公園だ。公園は菊の展示会の初日とあってバスは臨時駐車

場で停泊したため歩く距離が長く四苦八苦の思い出見学してきた。

昼食は、松代の手前で、そばとのことであったが、そばは蒸篭に二枚で大変うまかったが、

ご飯付で、それも栗おこわ飯で非常にうまく、帰りに買って帰り家でも賞味し堪能した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

法要と母校訪問

法要と母校訪問

翌日は、大本願で物故者の法要である。法要の参列者は 三十数名になった。

F100000356_2 F10000071314_2 大本願の境内には、松尾芭蕉の句碑「月影や四門四宗も

だ一つ」善光寺は、宗旨にこだわらない寺であると詠っ

ている。

本殿で鷹司上人のお経で法要が始まり終わった。

法要が終わるとお上人さんと記念撮影をした。

 F1000003134567 昼食には、時間もあるので久しぶりに善光寺へ参詣に出かけた。

F10000173435 F10000091718 大本願の隣が仁王門である。

仁王門を少し登ったところに釈迦堂がが

あった。釈迦堂には釈迦の涅槃像がま

つられている。

さらに進むと山門だ。

善光寺に向かって左側が大勧進である。大勧進を突き抜けて門を出ると蓮池を通じて

F10000122324 F10000132526

F10000153031F10000204041  山門が見える。

大本願のま迎えの淵之

坊で昼食の精進料理を

食べる。

食後三々五々車に便乗して母校に向かう。

F10000214243

母校の記念館だけが、昔の正面玄関で後は様変わりして立派になり昔

の面影はなかった。記念館の横の入口に「結婚相談室」という見事な看

板があり何人かの友が、「桜井の字に似ている。いや違う」という意見が

続出したが、たまたま居合わせた桜井に聞くと「俺が書いたのだ」という明

快な答えが帰って来た。そこで会は散会し新幹線で帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同期会

同期会

日曜日に中学・高校の同期会が、長野で開かれ出席してきた。

長野新幹線が出来てから交通の便は良くなりあっという間に長野に着いた。

長野駅は新幹線になってから模様替えされ、便利になったが、旧の駅舎のような趣はなく

なってしまった。Img_03518 F10000234647 左図は、現在の駅で、その隣は、旧の駅舎の絵である。

旧の駅舎は、善Img_0349456 光寺のりおひざ元ををあらはしてお寺のよ

うな形をした建物となっていた。

同期会午後四時から開かれ、午後八時ま

で続き出席者は五十名弱であった。

鎌倉の光明寺の住職(大僧正)も出席して翌日大本願で物故者の法要をする予定であった

に三日前ににめまいがして医者から安静するよう勧められ当日と翌日は、欠席すること

なっしまった。宴会が終了後同じ場所で二次会が開かれ十時頃まで談笑に明け暮れ

た。宴会が終わって、駅前のホテルに帰って熟睡した。

翌日は物故者の法要が、大本願のお上人さんが、善光寺へ参内する都合から十時から

の予定が九時からに変更になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

秋の散策

秋の散策

県人会主催の秋の散策で、浜離宮から水上バスで隅田川を遡り吾妻橋で下船し、東京ス

カイツリーを眺めるというもので、当初は、春の散策で計画していたものが、3月11日の東

大震災で流れたものを復活した旅行であった。Img_03151

JR新橋で下車し、地下鉄の築地駅で築地西本願寺の別院を斜めに見て

築地の場外魚市場を巡り、一軒の店で海鮮料理のバイキングを食べて場

外市場を買い物をし浜離宮を散策した。

Img_03195 浜離宮は、初め五代将軍綱吉の弟甲府宰相綱重の江戸下屋敷であっ

たが、その子綱豊が六代将軍家宣となり、将軍の別邸となったもので、家

が植えた松の木が現在も青々と育っている。

Img_03228Img_032814  Img_032612_2 Img_032915 Img_033016 戦災で焼けたお茶屋も復元してたたずんでいた。

浜離宮か

ら水上バ

Img_033827 Img_034636371 スに乗り築地市場を隅田川から眺め、吾妻橋で下船し、東

京スカイツリーをカメラに収めて帰途についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

佐渡旅行

佐渡旅行

大震災の前に応募した佐渡旅行は、自粛せずにそのまま実施された。

Img_01861 Img_01851_2         Mg_01883                         新潟港から佐渡へは、バスごとへりーに

船して両津港に到着しその夜は加茂湖

の近くの旅館へ宿泊した。

Img_01927 翌日は、トキの森公園でトの小屋キを鑑賞した。

次は佐渡唯一の五重の塔のある妙宣寺を拝観した。

Img_020815 Mg_02153  尾畑酒造では日本酒の醸造の話を

聞き振る舞い酒に舌つ゛つみをうった。

次は佐渡歴史伝説館で、順徳上皇 、                      

Img_02197Img_023219Img_023421 観世阿弥 のロボットを見て、そこで昼食を

とった。

午後は真野公園を散策し、のち春のImg_026449       

芸能祭で佐渡の民謡、郷土芸能を鑑賞した。

佐渡金山では地下へもぐって当時の金採掘の苦労を偲び相川温泉のホ

テルで一泊し、次の日は夫婦岩を見学し、そのあと小木でたらい舟に乗り小木港で昼食

をとり小木の港からカーフェりーで直江津港に着き上信越道関越道を通って雪の春日山

(上杉謙信の居城跡)を右に見て関越自動車道を経由して帰省した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

郷土芸能

郷土芸能

春の芸術祭は、雨のたImg_024834 め屋内で行われた。寒さを和らげるため日本酒、甘酒の振る舞い酒

が行われていた。はじめに挨拶、次は春駒(はるごま)、大太鼓(おんでこ)、

五穀豊穣、子孫繁栄の踊りと続き、最後は民謡踊りとして、兩津音頭、相川

Img_024127 Img_024329_2Img_024430 Img_024531           音頭Img_024632

渡 おけさ

終了し

                                                   た。Img_026247_2

Img_025742 Img_026247 Img_025239 Img_025944 Img_027863Img_025843

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡歴史伝説館

佐渡歴史伝説館

佐渡歴史伝説館の入口へ向かうと今を盛りの桜並木が出迎えてくれた。

           Img_02175_4  Img_022412 Img_022816

資料館展示のロボットは順徳上皇、その皇

女、観世阿弥と日蓮の像などで観世阿弥

のロボットは、製作費1000万円もかかったという。

Img_02164_2  Img_022210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

トキの森

トキの森

佐渡トキ保護センターに隣接する、トキの森公園のトキ資料展示館は、観察通路が併設さ

Img_01927_2

Img_01938_2 Img_019514 Img_01951115 Img_01973 れていて

観客は皆

備え付け

の望遠鏡をを手にトキの生態を観察していた。

Img_020410 トキの森の入口の売店はトキのグッズとこの地独特の百合の球根を売って

いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たらい舟

たらい舟

たらい舟は小木の港で体験できる。ひとつのたらいに船頭さんの女性と客2ないし3名乗り、

船頭に櫂を漕いでもらいあたりを一周する。船頭は農閑期にパートで船頭をし、農繁期に

Img_027157 Img_027258_2 Img_027359  には百姓仕事をするのだそうだ。

たらい舟を下船すると各人の乗ったたらい

舟の写真を皿に焼き付けて、一枚1600円

Img_02841          で売っていた。

バスの添乗員の話では、現在船頭として働

いている女性の一人は、十七時間かけて新

潟へ到着した人がいるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

佐渡で唯一の五重塔

五重塔

佐渡ヶ島で五重の塔のある寺は、日蓮宗の妙宣寺である。

日光東照宮の塔を模した唯一の五重塔は国の重要文化財で、開基は順徳上皇に供奉し

Img_020815 武士と伝えられ、日蓮に厚く仕えたという。Img_020511

寺には日野資朝の墓がある。日野資朝は後醍醐天皇に仕

え、後醍醐天皇の北条氏討伐の計画が発覚し、日俊基

は鎌倉で切られ、資朝は佐渡で切られた。俊基の墓は鎌倉にある。

Img_021219_2Img_020916 Img_021017 Img_021118 子供のころ読んだ資朝の

子新若丸(くまわかまる)佐

渡に渡り夜陰にまみれて父を処刑した本間の当主を切り殺し京に戻ったという話であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧