« 2010年12月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

佐渡旅行

佐渡旅行

大震災の前に応募した佐渡旅行は、自粛せずにそのまま実施された。

Img_01861 Img_01851_2         Mg_01883                         新潟港から佐渡へは、バスごとへりーに

船して両津港に到着しその夜は加茂湖

の近くの旅館へ宿泊した。

Img_01927 翌日は、トキの森公園でトの小屋キを鑑賞した。

次は佐渡唯一の五重の塔のある妙宣寺を拝観した。

Img_020815 Mg_02153  尾畑酒造では日本酒の醸造の話を

聞き振る舞い酒に舌つ゛つみをうった。

次は佐渡歴史伝説館で、順徳上皇 、                      

Img_02197Img_023219Img_023421 観世阿弥 のロボットを見て、そこで昼食を

とった。

午後は真野公園を散策し、のち春のImg_026449       

芸能祭で佐渡の民謡、郷土芸能を鑑賞した。

佐渡金山では地下へもぐって当時の金採掘の苦労を偲び相川温泉のホ

テルで一泊し、次の日は夫婦岩を見学し、そのあと小木でたらい舟に乗り小木港で昼食

をとり小木の港からカーフェりーで直江津港に着き上信越道関越道を通って雪の春日山

(上杉謙信の居城跡)を右に見て関越自動車道を経由して帰省した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

郷土芸能

郷土芸能

春の芸術祭は、雨のたImg_024834 め屋内で行われた。寒さを和らげるため日本酒、甘酒の振る舞い酒

が行われていた。はじめに挨拶、次は春駒(はるごま)、大太鼓(おんでこ)、

五穀豊穣、子孫繁栄の踊りと続き、最後は民謡踊りとして、兩津音頭、相川

Img_024127 Img_024329_2Img_024430 Img_024531           音頭Img_024632

渡 おけさ

終了し

                                                   た。Img_026247_2

Img_025742 Img_026247 Img_025239 Img_025944 Img_027863Img_025843

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡歴史伝説館

佐渡歴史伝説館

佐渡歴史伝説館の入口へ向かうと今を盛りの桜並木が出迎えてくれた。

           Img_02175_4  Img_022412 Img_022816

資料館展示のロボットは順徳上皇、その皇

女、観世阿弥と日蓮の像などで観世阿弥

のロボットは、製作費1000万円もかかったという。

Img_02164_2  Img_022210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

トキの森

トキの森

佐渡トキ保護センターに隣接する、トキの森公園のトキ資料展示館は、観察通路が併設さ

Img_01927_2

Img_01938_2 Img_019514 Img_01951115 Img_01973 れていて

観客は皆

備え付け

の望遠鏡をを手にトキの生態を観察していた。

Img_020410 トキの森の入口の売店はトキのグッズとこの地独特の百合の球根を売って

いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たらい舟

たらい舟

たらい舟は小木の港で体験できる。ひとつのたらいに船頭さんの女性と客2ないし3名乗り、

船頭に櫂を漕いでもらいあたりを一周する。船頭は農閑期にパートで船頭をし、農繁期に

Img_027157 Img_027258_2 Img_027359  には百姓仕事をするのだそうだ。

たらい舟を下船すると各人の乗ったたらい

舟の写真を皿に焼き付けて、一枚1600円

Img_02841          で売っていた。

バスの添乗員の話では、現在船頭として働

いている女性の一人は、十七時間かけて新

潟へ到着した人がいるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

佐渡で唯一の五重塔

五重塔

佐渡ヶ島で五重の塔のある寺は、日蓮宗の妙宣寺である。

日光東照宮の塔を模した唯一の五重塔は国の重要文化財で、開基は順徳上皇に供奉し

Img_020815 武士と伝えられ、日蓮に厚く仕えたという。Img_020511

寺には日野資朝の墓がある。日野資朝は後醍醐天皇に仕

え、後醍醐天皇の北条氏討伐の計画が発覚し、日俊基

は鎌倉で切られ、資朝は佐渡で切られた。俊基の墓は鎌倉にある。

Img_021219_2Img_020916 Img_021017 Img_021118 子供のころ読んだ資朝の

子新若丸(くまわかまる)佐

渡に渡り夜陰にまみれて父を処刑した本間の当主を切り殺し京に戻ったという話であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

雪国

雪国

川端康成の小説「雪国」の冒頭の書き出しは「トンネルを抜けると雪国であった」でこのトンネ

ルは清水トンネルである。

関越自動車道の関越トンネルの手前は雪解けが終わって春を迎えた山々である。

関越トンネルを抜けると「雪国」の書き出しと同じように道路の端から山にかけて一面の雪で

完全に雪国を連想させるものがあった。

関越トンネルの群馬県から新潟県への入口向かって右側の照明は東京電力で左側の照明

は東北電力でどちらかの電力会社が事故で停電しても片方の照明が生きているように計画さ

れているのだそうだ。F100000779F100001016

高速道路を出るとそこは湯沢であった。湯沢で朝食をとる

と店には錦鯉が沢山飼われていた。

この錦鯉は例の山古志村で飼われていたものだという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

紙パンツ

紙パンツ

今回は尾籠な話をする。昨年十一月普段はは快便なのに食べ合わせが悪かったのか便

になり、街のドラックストアーから漢方便秘薬を買い、最小の二錠を飲むも効かず、さら

に三錠にするも効かず、四錠ににすると下痢が止まず。何日も下痢が続きその都度トイレ

に駆け込んでいた。一週間ほどして快便になってやれ一安心と安堵したが、その後小便

の垂れ流しとなり、街のドラッグストアーから紙パンツ(紙おむつ)買いこみ急場をしのいだ。

紙パンツは一袋20着分を二三日で使い尽くすほどであった。

紙パンツでは面白いことを経験した。紙パンツはドラッグストアーで一袋千四百五十円で、

くのスーパーでは紙パンツ一袋千五百五十円であった。ドラックストアーは駐車場がな

いためバス利用しなければならず、スーパーは自家用車で行ける。そこで最寄りのスー

パーは百円いが時々利用した。小便の垂れ流しは、年を明けても続いた。

するとドラッグストアーは百円値上げをしたのに対しスーパー一挙に五百円の値上げであ

る。紙パンツを買い続けたため紙価を高めたといえる。

通いつけの泌尿器科の医者に相談すると「おかしいなーしばらく様子を見れば治まるだろ

う」とのことであった。また通院中の内科クリニックの医師に相談すると、「小便の垂れ流し

は即日やめて、事前、事前にトイレに通うように」と指示された。

事前にトイレに駆け込む習慣をつけたところあれほどひどかった小便の垂れ流しは

ピタッと止まった。あれほど苦しんだことがうそのようであった。しかし三か月自業自得で苦

しめられた。

便秘薬の効用書きをよく見ると、錠剤を呑んで翌日になれば快便となると書いてあった。

急がば回れで効用書きをよく読まなければいけないと反省した次第である。

紙パンツは非常に便利に使わせてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

後藤新平

後藤新平

東日本の大地震で被災された方々にお見舞申し上げるとともに一日も早い復興を心から

祈り申し上げします。

それにつけても関東大震災の時の復興院総裁後藤新平の功績を思い出します。

出でよ! 今回の大震災にも後藤新平のような人物を。

上野恩賜公園の入り口から上野松坂屋へ続く百メートル道路は後藤新平が東京の火事を

防ぐために震災後の復興に際して作った道路であるが、途中で反対にあい挫折した名残

ある。「後藤新平」を広辞苑で引くと、政治家。岩手、水沢藩士の子。医師から官界に

転、生局長ののち台湾総督府民政局長、満鉄総裁として植民地経営に、手腕をふるう。

また逓相、内相、外相、東京市長などを歴任、関東大震災復興や対ソ外交に努力。壮大な

構想をたびたび提唱し、「大風呂敷」と呼ばれた。伯爵。となっている

また後藤新平は、当時から現在の新幹線構想を立てていたという。

後藤新平の家は幕末の高野長英の家と親戚同士であった。

後藤新平が愛知県立病院の院長の時「板垣死すとも自由は死せず」の板垣退助が金華山

の麓で暴漢に襲われる事件が起き、後藤に診察の要請が来た。当時自由党は時の政権

から嫌われ、愛知県庁はその処置に困っていると後藤は、自由党の板垣むを診るのでは

なく一人のけが人を診察するのだとすぐ岐阜県の金華山に駆けつけ「板垣さん本望でしょ

う」といい板垣を完服させ「医者にしておくのはもったいない人物だ」と官界入りを勧められ

政治家になった。板垣が暴漢に襲われたの報で、天皇は勅使を見舞いに差し向けてい

る。日露戦争の終結で帰国する兵士の防疫検査の迅速さと完全さにドイツ皇帝カイゼルを

賞賛させている。これものちの陸軍軍医総監森鴎外、衛生局長後藤新平の功績に負う

ことが大である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

晩春

晩春

小津安二郎監督の映画「晩春」は、私が学生時代封切られた。

「晩春」を観たいと思いながら遂に観る機会を逸してしまった。

先日書店の店頭で小津監督の映画のDVDが展示していたので購入した。

内容Dvdf100000234_6 Dvdf100000478_3 Dvdf100000478_4 Dvdf100000356_5 Dvdf1000005910_4 Dvdf10000061112_2 Dvdf10000071314 Dvdf10000081516 Dvdf10000091718

Dvdf10000101920 Dvdf10000112122 内容は「東京物語」「麦秋」「晩秋」「父ありき」「風の中の牝

鶏」「一人息子」「戸田家の兄妹」「お茶漬の味」「長屋紳士

録」の九作品のDVDでともに[made in Tiwan]であった。

購入したDVDをパソコンで操作したが、適合せずで観れない。

仕方がなく、家電量販店でDVDプレイヤーを買ってDvdf100000112_2 、DVDを鑑賞した。

これからぼちぼち小津作品を鑑賞しようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年6月 »