« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月 3日 (水)

とげぬき地蔵

とげぬき地蔵

「お婆ちゃんの原宿」で有名な巣鴨の「とけ゛ぬき地蔵」は、高岩寺に鎮座している本

尊のF1000001123延命地蔵菩薩と有名な「洗い観音」である。高岩寺は、もと下谷F1000004789 車坂付近(上野

駅東側)にあったが、明治二十四年現在地に移された。

「病気や悩みのある人が、この地蔵さんの御影(おす

がた)の患部を洗うと「とげがぬけるようになおる」と

い伝えで「とげぬき地蔵」と呼ばれ縁日にはお婆ちんで大にぎ

わいになる。

地蔵通りの入口左手は、江戸六地蔵の一つがある真性寺である。

もともとこちらのF1000005 地蔵のほうがにぎわっていたが、近くの「とげぬき地蔵」にお株を

われてしまた。

境内に儒者北条霞亭の墓があって頼山陽の墓碑銘で知られている。

六地蔵は、む江戸から各方面へ出る主な街道六ヶ所に作って旅人祈

たものでここ地蔵は中山道の出口にあたり・四番目に当たる。

六地蔵の一番は、品川区品川寺(東海道)二番は、台東区東禅寺(奥州街道)三番は、新宿区大宗寺

(甲州街道)四番は、豊島区真性寺(中山道)五番は、江東区霊厳寺(千街道)六番は、

東区永代寺(浦安街道)で富岡八幡宮にあったが、明治初年破壊された。近くに染

霊園があり、政治家では若槻礼次郎、幣原喜重郎、文人、学者では、岡倉天心、

葉亭四迷、山田美妙、高村光太郎と千恵子、末広厳太郎、高田早苗の墓などが

ある。

また桜の代名詞の染井吉野は、この地の植木職人が江戸彼岸桜と大島桜を交配し

作り上げた成果である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »