« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月22日 (金)

焼岳・乗鞍

焼岳・乗鞍

074507560777_2  先日バスツアーで、上高地、乗鞍へ行っ

てきた。

上高地の紅葉は、志賀高原ほどではなか

ったが、全山黄色、やや紅葉といったところで見ごろはもう少し後になりそうである。

0788 08010 08111  かっぱ橋を写したと思っていたが、入って

いなかった。翌日小雨の降る中を乗鞍に

登ると頂上の駐車場は、みぞれ交じりの

08313_2 小雨であったが、四方の山々は晴れていて綺麗な山並みを見せてい

た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

お墓

お 墓

今朝のNHKのアサイチでは、最近のお墓事情について放送していた。それによると墓

に異変が起きているということで、墓地の中に草ぼうぼうのお墓、木と草に覆われたお

墓があるという。これはお墓が遠隔地で、年も老い墓参りに行けないというものや跡を

継ぐ者がいなくて無縁仏になったものなどであるという。

これの対策として墓葬と言って住居の近くの墓地へお墓を移し変える方法があるという。

その費用も克明に説明していた。ひときは別格なものに大阪の浄土宗一心寺の例を

げていた。一心寺では宗派を問わず納骨してきたお骨を集めてある程度集まるとお骨を

砕いて仏の姿の仏像にし誰でも拝めるようにし内部には納骨を収めていた。

いわゆる納骨堂である。また一つのお墓にたくさんの納骨をしている寺もあった。

しかしどんな大家であっても所詮後継ぎがいなくなり、墓守をする人がいなくなってしま

う。徳川将軍家でも家康から家綱まで四代続くが跡取りがいなくなり

五代綱吉は、養子であり六代家宣も養子で八代吉宗も養子であり十一代家斉もさらに

十四代家茂も十五代慶喜も養子である。このように養子制度が確立。している

時代はまだましであるが、現代では養子の来手がない。

しかも徳川家のような檀家寺は、日光東照宮、輪王寺、上野寛永寺、増上寺、転通院

と枚挙にいとまがない。その維持費だけでも少なくない。

これでは所詮お墓は近い将来無縁仏になる運命にある。

そこで私は、む墓無用論である。しかも遠隔地を理由にして墓参りをご無沙汰してい

る。ただしお寺の会費や寄付は欠かしていない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

長野駅界隈

長野駅界隈

長野駅舎は以前善光寺を模した、ユニークな容姿をしていたが、長野オリンピックを

P92700011     P927000356_2     P92700059_2          境に姿を一変して近代的というか味気

ないものになってしまった。

ただ変わらないのは四方のの山々で長野

0873088 089_2 市の東側にそびえる菅平のなだらかな

雄姿は安堵感を与えてくれる。

夜景は駅西側の繁華街の方でなく昔の

駅裏に相当する駅東側で、三脚を持って行かなかったので窓枠にカメラを固定した

ものである。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

善光寺

善光寺                   

先日所要で長野の善光寺へ詣でてきた。善光寺かいわいは休日でないにも関わらず   

072107320743_2賑わっていた。まず大門町でバスを降り

るとそこは大本願である。仁王門をくぐ

0776

0754_2

ると仲世

りであ

る。

仲見世の先が大勧進の客殿である。山門をくぐると善光寺の本堂である。

本堂の向かって右と左の階段の柱石の台座からずれている。

08211 これは弘化四年(今から百六十年前)の善光寺大地震の

傷跡で地震により柱がずれたものという説と昔から完璧

なものを嫌う大工仕事でわざと手すりをずらしたという二

説があって真偽のほどは分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

同級会

同級会

旧制中学一年一組の同級会が、志賀高原のホテルに泊まりこみで行われ参加し

た。103 卒業以来60年ぶりに会う顔もあって、初めはだれか分からない人もしばらく

する昔の顔に戻り、楽しいひと時を過ごした。ホテルはスイスに来

ているようであり、ホテルの前にはリフトがあって、07224

11318冬になればいつでもスキーができる立地条件の良

いところで、しかも少し歩くと丸池が近くにあった。

丸池では、立ち止まった車ががしばらするとたち去ってぃった。11926_2      

106 今年の紅葉は点としては素晴らしいものもあるが、全

山紅葉とは言えなかった。まだ時期が早すぎたようだ

った。

昼食後ホテルの車で奥志賀を観光し、最後は前日と同様長野駅に12331

付けしてもらい来年の同期会の再会を約束して別れた。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

ノーベル化学賞

ノーベル化学賞

ノーベル化学賞に日本人2名鈴木北大名誉教授と根岸米パデュー大教授が受賞し

F100000112 F1000002345。前日ノーベル医学賞候補が受賞から漏れて今年

はあきらめていたが、思いがけない受賞である。

私の子供のころはノーベル賞受賞者は一人もおらず

ただ1名故野口英雄がノーベル賞の候補に挙がった

だけだった。その頃から考えると隔世の感がある。

戦後湯川秀樹がノーベル物理学賞を受賞したのが日本人のノーベル賞受賞の先駆

けであった。

中学の英語の教科書にノーベルの事績が掲げられていて、最後にノーベルPrise

についてふれていた。湯川秀樹が受賞したとき、当時の社会科の先生が、「京大に

小川琢也と教授がいて学問上では大した功績はないが、ただ五人の優秀な子

供を世に送り出しとで、湯川秀樹は小川家から湯川家に養子に出されている」と

言っていた。

それから間もなく湯川と京大同級生で、親父がともに京大教授の朝永振一郎がノ

ーベル物理学賞を受賞した。

奈良女子大の数学の名物教授岡教授は京大を湯川、朝永教授と同級で「どうして

数学をやることになったか」の質問に「湯川、朝永の秀才が物理を専攻していたの

で」と答えてした。

岡教授は宗教にも造詣が深かったが、数学の研究をしていると最初の発見はイン

スピレーションのようにひらめき、次の発見は頭にじわじわと湧いてきた」と本に書

いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

デジカメ(その4)

デジカメ

今日が3回目のデジカメ講座である。講習を受けて家で復習し、夜景の撮影、動画

の撮影に成功しパソコンへ取り込みもできた。撮影した動画をブログに発表しよう

と思ったが、それはできないことが分かった。

0478 04781 動画はモノレールと東海道線の電車と横須賀線の電車を撮影し、047812

画の前半か後半をカットして編集すること

もできるようになった。

しかし動画から1枚の静止画を取り出す

のは、デジカメメーカーのCDをインストールしなければできないことを知り、まだ実行し

ていない。しかしデジカメ講習を受けるきっかけとなった初期の目標は達せられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

サザエさん

サザエさん

広辞苑でサザエさんを引くと長谷川町子原作の漫画。1946年(昭和21年)から夕刊フク

ニチで、51年からは朝日新聞で連載。三世代同居家庭の主婦サザエさんを中心に

民の暮らしをユーモラスに描く。のちテレビ・アニメ化。とある。

また長谷川町子を引くと 漫画家。佐賀県生まれ。田河水泡に師事。1946年から74

新聞に「サザエさんを連載。平均的な日本のサラリーマン家庭を舞台に、明るく活

躍するサザエさんは国民的人気ものとなる。(1920年から1992年)とある。

いずれも戦後のサザエさんの説明しかしていない。

私の記憶が正しければ、サザエさんは戦前から連載された漫画である。

長谷川町子は、戦前女学生のころ「天才漫画家」として雑誌「少女俱楽部」に「サ

ザエさん」は、今のように主婦でなく、女学生として活躍していた。

おな先生の田河水泡は、漫画「のらくろ」の作者として雑誌「少年倶楽部」で活躍し

ていた。

長谷川町子の戦前の活躍を知る人が少なくなっちたのはさびしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »