« 電話とパソコンのトラブル | トップページ | 日中歴史共同研究 »

2010年9月23日 (木)

おはぎとぼた餅(その後)

おはぎとぼた餅

今日はお彼岸のお中日である。「熱さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものである。

民放の気象予報士がNHKのアサイチに招かれて、「この暑さはいつまで続くの***」

問われて「今年の暑さは異常で10月半ばまでこの暑さが続く」と答えていたが見

事に天気予報は外れてしまった。

お彼岸といえば「おはぎ」である。前回も述べたように「おはぎ」と「ぼた餅」を混同

している。

「おはぎ」はもち米とうるち米を混ぜて蒸し、手で丸めてあんでつつんだだもので

「ぼた餅」はもち米を臼に入れ杵でついて餅にして、手で丸めあんでつつんだもの

である。例年通りデパートで「おはぎ」を売っていた。同じデパートで「おはぎ」を売

っていが一つの店舗では「おはぎ」を「おはぎ」として売っており、が他の店舗手

「ぼた餅」を「おはぎ」と書いてご丁寧にもぼた餅をいくつにも切って餅の地が見え

る状態で売っていた。しかもどの店舗ても売り子は「おはぎ」と「ぼた餅」の違いを

知らなかった。

おはぎは、女衆の労力だけでできるが、ぼた餅は、餅つきが必要なので男衆の力

を借りなければならず特別な時にしか作れない。

|

« 電話とパソコンのトラブル | トップページ | 日中歴史共同研究 »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/36890863

この記事へのトラックバック一覧です: おはぎとぼた餅(その後):

« 電話とパソコンのトラブル | トップページ | 日中歴史共同研究 »