« 猛暑 | トップページ | 宮崎滔天 »

2010年9月 8日 (水)

宮崎滔天

宮崎滔天

宮崎滔天(とうてん)を辞書で見ると[中国革命運動の援助者。名は虎蔵・寅蔵。熊本

生れ。孫文と深く交わり、その革命運動を支援。自伝「三十三年之夢」]ある。

滔天は肥後荒尾村のむ豪農の末っ子として生れた。少年時代滔天は徳富蘇峰の大

江義塾や東京専門学校(現早稲田大学)キリスト教の伝道学校に学んでいる。

滔天の後半生は兄弥蔵の影響である。弥蔵は中国革命からアジア革命を志してい

た。滔天は中国や香港、タイなどで様々な活動をするが成果はなかった。兄弥蔵の死

亡の翌年犬養毅(いぬかいつよし)の援助のもとで中国革命の活動を開始した。

著書「三十三年之夢」はシナ浪人の生態が描かれている。その後滔天は孫文と知り

いその人物に傾倒する。

|

« 猛暑 | トップページ | 宮崎滔天 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/36618534

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎滔天:

« 猛暑 | トップページ | 宮崎滔天 »