« 民主党の党首争い | トップページ | 友らは世を去りぬ »

2010年9月 3日 (金)

華麗なる一族

華麗なる一族

明治の文豪幸田露伴は、華麗なる一族である。幸田露伴は、本名成行(しげゆき)と

い尾崎紅葉、森鴎外、夏目漱石とともに明治の四大文豪の一人で、「のっそり重

兵衛」を主人公にした「五重塔」が有名である。「五重塔」のモデルである東京谷中

の天王寺の五重の塔はこころない地男女の放火により今は台石をのこすだけにな

っている。

露伴の兄郡司成忠(しげただ)海軍大尉は、千島探検で名をはせた。

弟幸田成友(しげとも)は歴史学者で東大卒、慶応義塾、東京商大(現一ツ橋大)教授

である。妹幸田延と安藤幸はともに音楽家で母校東京音楽学校(現東京芸術大学)

教授である。娘幸田文(あや)も小説家で代表作に「ながれる」「おとうと」などがあ

り、老人になった露伴のめんどぅを見ていた。彼女の随筆に戦時中叔母安藤幸が皇

后陛下からご下賜された白布を文に渡し、「兄の面倒を頼む」という場面がある。

最近文の娘小田切某が小説家として、随筆に露伴のしつけの厳しさを書いている。

|

« 民主党の党首争い | トップページ | 友らは世を去りぬ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

露伴は厳格かもしれないが、確か娘、文によれば、露伴はご飯を食べる時もぽろぽろ
落としたと書いていたような気がするけど。

投稿: nagoya | 2010年9月 3日 (金) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/36515360

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なる一族:

« 民主党の党首争い | トップページ | 友らは世を去りぬ »