« 湖底に沈む | トップページ | 正露丸 »

2010年8月18日 (水)

上杉鷹山

上杉鷹山

ケネディ米大統領であったか、来日の第一声が上杉鷹山の事績に触れていて大変

いた。私が上杉鷹山を知ったのは、小学校の修身か読本の教科書で教えられて

からである。

上杉鷹山は、名は治憲といい日宇が高鍋藩士の二男として生れたが、米沢藩主重

F10000011 の養子となり財産欠乏の米沢班の改革を進め殖産に努めた。

上杉家は上杉検診以来の名家であるが、関ケ原の合戦に敗れて会Shinocimg0302

百二十万石から米沢三十万石へ減知、転封されShinocimg0302_2Shinocimg0289

らに十五万石に減らさ

れて、藩財政は逼迫して

Shinocimg038111 いた。上杉鷹山は、藩政の改革本部を設けて、費用の大削減を実

行した。養蚕を奨励し、のちに名産となる米沢織を生産した。また儒

学者細井平洲を米沢に招き藩校を開いて文教政策に力を注いだ。

|

« 湖底に沈む | トップページ | 正露丸 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/36229817

この記事へのトラックバック一覧です: 上杉鷹山:

« 湖底に沈む | トップページ | 正露丸 »