« 梅雨入り | トップページ | 大相撲-双葉山全盛時代 »

2010年6月15日 (火)

国姓爺-鄭成功

国姓爺-鄭成功

国姓爺(こくせんや)は、鄭成功(ていせいこう)と云い父は明朝の遺臣邸芝竜(ていしりゅう)で母は日本人田川氏で長崎の平戸で生まれている。

国姓爺は、明朝から国姓朱氏を賜り国姓爺と称した。

鄭成功は、清軍と戦い、廈門(アモイ)金門島(後の台湾)によって奮戦したが、志を遂げず病没した。

近松門左衛門作「国性爺合戦(こくせんやがっせん)でわ和藤内(和糖内)(わとうない)の名で親しまれている。

時代は日本の鎖国時代で、国姓爺は日本にも応援を懇請したがかなわなかった。

|

« 梅雨入り | トップページ | 大相撲-双葉山全盛時代 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/35279407

この記事へのトラックバック一覧です: 国姓爺-鄭成功:

« 梅雨入り | トップページ | 大相撲-双葉山全盛時代 »