« 荒磯 | トップページ | 娘深雪 »

2010年5月10日 (月)

長嶋、島と山冠に鳥の「しま」山冠に

長嶋、島と***

野球の長嶋は以前は長島であった。「しま」は嶋、島と山冠りに鳥の「島が有るが、いずれも「しま」でどれを使っても正しい。このような漢字は沢山ある。

山崎の「さき」も崎と嵜もいずれも正しい。峰村の「みね」も峰と峯が有るがどちらも正しいのである。蘇東波の「そ」も蘇と蘓のように魚が右に来ても左に来ても正しく、これは中国でも日本でも同じである。

日本からいなくなった「とき」も朱遍に鳥の鵇でも朱を冠にして鳥を書いても「とき」で正しい。しかし現在は略字の鴇もある。また二字になるが朱鷺とも書く。

漢字は歴史が有るだけに奥深いものがある。

|

« 荒磯 | トップページ | 娘深雪 »

言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/34626708

この記事へのトラックバック一覧です: 長嶋、島と山冠に鳥の「しま」山冠に:

« 荒磯 | トップページ | 娘深雪 »