« 有島三兄弟 | トップページ | 長野散策 »

2010年5月 2日 (日)

善光寺参詣

善光寺参詣

所用で長野へ行き、善光寺を参詣してきた。長野駅から善光寺行きのバスを大門町で降りてると左側(西側)が大本願で、向かいの東側は院坊である。昔は院坊で善光寺参りの団体客が泊っていたが、現在の団体客は善光寺を詣で院坊を素通りして温泉に直行して温泉に宿泊するので院坊へ泊まる人は少ない。

院坊を経て石段を上るとそこは仁王門である。

F1000024141578 F1000030232425 仁王門の向かって右側の仁王は高村光太郎父光雲の作で、左側は米原雲海の作である。仁王門から山門へ向かう仲見世通りの左右(東西)並行の通りF100003616 と大本F100003414_3 願の向かいの院坊の裏通り(西側)に当 たる通りにある院坊は全部で39軒ある。それぞれの院坊は大勧進か大本願のいずれかに所属していて、大勧進の大僧正か大本願のお上人さんのお供をして毎朝の善光寺で勤行を上げるのが日課となっている。

F100007248F10000764647  F100006832 F100007758 更に善光寺へ向かうと山門がある。山門の西側は大勧進である。

山門の東側は弘化四年の善光寺大地震で死亡した参詣者の供養塔がある。F100007044

F100006328F10000734952_2 F10000745051 山門 F10000663334の手前に六地蔵が鎮座している。

善光寺の大伽藍の東側と西側の柱がそれぞれ一本づつ台座からずれているが、これは弘化の大地震の結果だと云う人と伽藍が完全無欠は宜しくないので台座からずらしていると云う説もある。

|

« 有島三兄弟 | トップページ | 長野散策 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/34482473

この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺参詣:

« 有島三兄弟 | トップページ | 長野散策 »