« 信濃に埋もれた人-福島正則 | トップページ | 四なのに埋もれた人-吉良義周 »

2010年4月 8日 (木)

信濃で埋もれた人-絵島

絵島

六代将軍家宣の愛妾月光院の年寄絵島と山村座の歌舞伎俳優生島との艶聞は、小説や講談に述べられている。しかしこれは真実でなく月光院の名代として芝の増上寺へ代参した際、帰途歌舞伎を観劇してはめを外し帰りが遅れ、絵島は公務をろそかにし不埒であると裁かれた。

月光院は七代将軍家綱の母として政治的に重きをなし、側近の間部あき*房(*言偏に全)年寄絵島に対する、正妻天英院と老中の権力争いに巻き込まれた犠牲者と言えよう。

絵島は信州高遠藩内藤家にお預けになり、二十七年の年月の末生涯を閉じ、遺言により蓮華寺に葬られた。

|

« 信濃に埋もれた人-福島正則 | トップページ | 四なのに埋もれた人-吉良義周 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/34130960

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃で埋もれた人-絵島:

« 信濃に埋もれた人-福島正則 | トップページ | 四なのに埋もれた人-吉良義周 »