« 太宰春台 | トップページ | 大仏次郎邸 »

2010年4月18日 (日)

川喜多映画記念館-川喜多邸跡

川喜多記念館

毎年春・秋の二回公開していた川喜多邸は、今年は装いも新たまって瀟洒な川喜多F100000710 映画記念F100000323館になった。洋画の日本配給会社東和の社長をしていた川喜多長政、かしこ夫妻の邸宅を鎌倉市が映画記念館として通常展と特  別展をF100000811  開いて参観も映画鑑賞もできるが、今日は、入場20100418133801_4き なかった。記念館の周囲の看板に以前の川喜多邸の写真が飾られていた

F100000567_2 F100000689 F100001116_2

川喜多長政、かしこ夫妻の邸宅はどことなく落ち着いた雰囲気のある建物であった。         この質素な建物に世界のVIPを招待して 心のこもった接待をしていたようである。

玄関が引き戸の平屋の家は「古寺巡礼」を書いた哲学者和辻哲郎が神奈川県秦野の

農家の家を買って東京へ移築した建物で、その後川喜多夫妻が鎌倉

                P40300093_2          P403000711         

P40300115P403000822_3 移築し直して使用していたものである。

今回の記念館の再建に際して旧和辻邸は丘の上に移築くして保存しているとのことである。

|

« 太宰春台 | トップページ | 大仏次郎邸 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太宰春台 | トップページ | 大仏次郎邸 »