« 君死に給うこと勿れ-与謝野晶子 | トップページ | 五浦(いづら)と西山荘 »

2010年3月 8日 (月)

河津桜

河津桜

去年の今頃早咲きの河津桜を生まれて初めて見に行った。先日の房総でも鎌倉の近くでも河津桜は栽培されていることが分かった。

河津は曽我兄弟の父河津三郎祐康画が統治していたところで昼ヶ小島に島流しの源頼朝を慰めるため、相撲大会を開いて祐康が優勝し意気揚々と帰るところを親戚の工藤祐近の放った暴漢に弓で撃たれて死亡した。祖父の伊東祐近は難をまぬかれた。曽我兄弟は苦節十九年頼朝の末富士の裾野の巻狩りにお供した工藤祐近を夜陰にまぎれて遅い本会を遂げ兄十郎は切り時死にし弟五郎は捕えられて殺された。

工藤祐近の墓は白糸の滝の近くの丘の上にポツンと立っていた。工藤祐近のむ子孫は飫肥藩(おやびはん)の藩主となり明治には子爵となっている。

河津祐康の得意な技は河津掛けで相撲四十八手にある。

37983754_23809 38612 38110 38211   39218  38915_3 38814_2 3776 3732 3743 3721

|

« 君死に給うこと勿れ-与謝野晶子 | トップページ | 五浦(いづら)と西山荘 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/33687180

この記事へのトラックバック一覧です: 河津桜:

« 君死に給うこと勿れ-与謝野晶子 | トップページ | 五浦(いづら)と西山荘 »