« 五浦(いづら)と西山荘 | トップページ | 松尾芭蕉と信濃の国 »

2010年3月10日 (水)

年は取りたくないもの

年は取りたくないもの

三月四日の朝ゴミを捨てに出て玄関の前の僅か二三センチメートルの段差につまず いF10000028_2 F100000167_3 てよろよろけ若ければ形勢を立ち直すところだが、年をとるとままならずそのまま五メートルほど離れた共同のゴミ捨て場まで飛ばされそうになりあわてて前につんのめったが、無様にも右手はのばし左手は下げF1000003345_3 た形でうつぶせに倒れた。その時左足の膝小僧をすりむきささくれ立ったようになり、右手のくるぶしは強く打ちしばらく起き上がれなかった。たまたま通りがかりの男性に助けられて起き上がったが、しばし歩けずに立ちつくしてしまった。ようやくの思いで家に入ったが、その晩はあっちこっち痛みF10000041011_2 更に足の膝(ひざ)と右ひじが傷んでよく使えず、しかも腹部が傷んでおきあがるのに一苦労した。日が経つにつれて序序に回復し現在は何とP40300141617 か起き上がれるようになった。徒(いたずら)に馬齢(ばれい)年は取りたくないものである。足が弱くなったと三国志の玄徳(げんとく)ではないが、脾肉の嘆(ひにくのたん)を嘆いた次第である。

人だけでなく大木とても同じこと今日のニュースによれば昨夜の大風で鶴ヶ岡八幡宮の大銀杏の木が根元からひっくりくりかえり破壊されてしまったという。小学唱歌「鎌倉」に「上るや石のきざはしの、左に高い大銀杏(いちょう)、問はばや遠き世世のあと」と歌われ実朝が甥公暁に殺された銀杏の木としても有名な樹であった。

諸行無情と云うべきか。

|

« 五浦(いづら)と西山荘 | トップページ | 松尾芭蕉と信濃の国 »

病気」カテゴリの記事

コメント

筋肉は、何才からでも鍛えればついていくそうですので、悲観なさる事ではないと思います。サッカーをなさる九十歳近い方を、存じ上げて居ります。

投稿: パイエット | 2010年3月10日 (水) 21時04分

大事に至らず、良かった。

時により過ぐれば民の嘆きなり八大竜王雨やめさせたまへ

投稿: Nagoya | 2010年3月10日 (水) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/33712190

この記事へのトラックバック一覧です: 年は取りたくないもの:

« 五浦(いづら)と西山荘 | トップページ | 松尾芭蕉と信濃の国 »