« 清水の次郎長 | トップページ | 徳川慶喜 »

2010年2月 2日 (火)

幕末の侠客たち

国定忠治

国定忠治は、映画、講談、流行歌に歌われている。末路はちゅうぶで足腰が不自由になり関所破りの罪で破った関所で処刑されている。しかし天保の大飢饉で各地に餓死者が続出した時に忠治の上州長岡村付近を統治する代官は、忠治の住む村の近傍では一人の餓死者がてていないと幕府に報告している。これは忠治が盗みをして、村人を飢餓から救ったためである。

講談や東海林太郎の歌う流行歌「赤城の子守唄」で有名な、忠治の子分の板割の浅太郎が子供を背負って忠治と逃げる場面があるが、これは嘘で忠治が追手十手持ちの浅太郎の叔父をんを切ってこいと言い、叔父と甥を切り殺して帰った浅太郎を講談では忠治が「叔父さんを切れ」と云ったのは浅太郎を叔父さんに帰すためであったが、勘違いした浅太郎は伯父さんを殺し、甥を背負って帰ったことになつている。しか叔父と同日死亡したの子供の墓が一基あるという。

板割の浅太郎は後に藤沢の遊行寺で寺男となり、現在も朝太郎の墓がある。

黒駒の勝五郎

黒駒の勝五郎は、清水の次郎長と喧嘩したことで有名だが、幕末官軍とともに京都に上京したが、後に脱走の罪で官軍に処刑されている。

使い捨ての見本のような人生だ。

会津の小鉄

会津の小鉄は、松平容保が京都所司代として上京する際、容保のお供して京都へ行き口入れ業をしていた。

現在京都に会津の小鉄というやくざがいるが、会津の小鉄は、そのまま京都に留まったものと思われる。

新門辰五郎

新門辰五郎は、浅草の町火消しの親分であるが、幕末徳川慶喜に従って上京し、鳥羽・伏見の戦いで慶喜が逃げ帰る時、あわてた慶喜は将軍の旗を忘れ、辰五郎が東海道を走って旗を持ち帰っている。

笹川繁蔵

天保水滸伝で飯岡の助五郎と利根の川原で喧嘩して切り死にした笹川繁蔵の用心棒平手造酒は、千葉周作の高弟と講談や流行歌で歌われているが、これは間違いで架空の人物だ言う。 

敵役の飯岡助五郎は大親分で十手持ちでもあった。

侠客の出た土地は、いずれも幕府の直轄地が多く、土地も豊かで役人の締め付けも緩いところである。

安濃徳平

荒神山で清水の次郎長と喧嘩して、娘婿吉良の仁吉を死なせてしまった安濃徳平も伊勢の大親分である。

大前田の英五郎

大前田の英五郎は、博打を打たない大親分と言われたが、上州の生まれでもっぱら賭博場の仲裁役を務め、勢力は名古屋を中心に東海道であったという。

|

« 清水の次郎長 | トップページ | 徳川慶喜 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/33220818

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末の侠客たち:

« 清水の次郎長 | トップページ | 徳川慶喜 »