« 徳川慶喜 | トップページ | 学校遍歴 »

2010年2月 2日 (火)

新撰組

清河八郎

清河八郎は出羽の住人で江戸に出て東条一堂、千葉周作の弟子となり、文武両道の達人として、文武塾を開くが後に京都を守護する浪士隊を募集する建白書を提出し、家康の生母伝通院の菩提寺伝通院で旗揚げしては八郎を江戸へ呼び帰した。山岡鉄舟もと江戸へ下向してしまう。残された芹沢鴨らは新撰組を結成する。しかし芹沢鴨局長としてが好き勝手に新撰組を運営することに不満な近藤勇らは芹沢鴨の寝込みを襲い惨殺してしまう。近藤は芹沢の葬儀を大々的に行い、新撰組の局長となり土方歳三は副長になる。

近藤勇

局長になった近藤は周知の活躍をするが、鳥羽・伏見の戦いで狙撃されち戦わずに敗れた。新撰組は、江戸にもどるが、策士勝海舟に煽てられ江戸から甲府へ転戦を命ぜられるも途中郷里の日野で錦を飾り、酒盛りで時を失い甲府へついた時には時すでに甲府は官軍に手に落ちていた。近藤は下総の流山で官軍に捕えられ板橋で斬首された。

土方歳三

土方歳三は、さらに転戦を続け箱館の五稜郭に立てこもるが、遂に五稜郭陥落の日土方は最後の突撃をして戦死してしまう。伏見、桃山で敗れた土方はもう剣の時代ではないと語っていたという。土方は先見の明があったと言える。

子供のころは近藤勇が好きであったが、今は勇ましくてダンディな土方歳三のほうが好きである。

土方は子供のころ上野の松坂屋(呉服店現百貨店)で丁稚奉公するが、すぐ郷里に逃げ帰り一時生家の薬屋の手伝いをして行商をしていた。土方の生家は現在も薬を商っているようだ。後に土方は剣の道に励み新撰組に参加した。近藤、土方は日野の百姓の出身でそのため必要以上に規律を厳しくして、隊員同志で規則に反した者は殺し合いを繰り返した。

|

« 徳川慶喜 | トップページ | 学校遍歴 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/33223770

この記事へのトラックバック一覧です: 新撰組:

« 徳川慶喜 | トップページ | 学校遍歴 »