« 成田山新勝寺 | トップページ | 天下り肯定論 »

2010年1月26日 (火)

上司にしたくない人

上司にしたくない人

余り政治の批判はしたくないが、菅財務相の発言には怒りすら覚える。

財務相として財務省に初登庁した時、部下を前にしての第一声である。

「国民と私は、君たちを罷免できる」と発言した。これは腹に思っても決して云うべき言葉でわないと思うが如何に。財務省の優秀な官僚たちを煽てて使えば素晴らしい力を発揮すると思うが、その出鼻をくじいたこと二になる。

昔清水の次郎長に「沢山の子分たちを使ってゆくコツは」と尋ねたところ「別に取り立てて言うことはないが、しいて言えば子分を褒めるときはみんなの前で褒め、叱るときはこっそりと陰に呼んで叱る」と答えたという。

鳩山内閣は、各閣僚が官僚に対して、厳しい姿勢なので、優秀な高級官僚が続々辞めて行くという。国家としてもゆゆしき大損害だ。

菅財務相は折に触れて「埋蔵金」を口にするが埋蔵金は政治家が口にする言葉ではなく山師が云う言葉で埋蔵金は掘り当てられないからロマンがあるので、そう簡単に発掘出来れば苦労はしない。

菅財務相は、以前農相時代105汚染の「原因は貝割れ大根だ」と発言し無実の嫌疑を貝割れ大根にかけ貝割れ大根生産農家を苦しめたが、その責任をとったという話は聞いていない。

菅財務相は、もっと発言に慎重になることを望む。老婆心ながら*****

|

« 成田山新勝寺 | トップページ | 天下り肯定論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1320966/33133867

この記事へのトラックバック一覧です: 上司にしたくない人:

« 成田山新勝寺 | トップページ | 天下り肯定論 »